老年学学位プログラム[博士後期課程]

Doctor of Philosophy in Gerontology

学際的な視点から、高齢社会の諸問題を的確に研究し、解明する能力を有する高度な専門研究者、及び実践的応用の可能な能力を有する高度専門職業人を養成

医学から社会科学まで
幅広い視点で高齢社会を掘り下げる

専門分野の異なる複数の指導教員による研究指導を受けることにより、大きく変化しつつある現代社会の高齢者を取り巻く課題を広い視野で導き出し、さまざまな角度から学際的に研究することができます。さらに博士論文を提出するための資格試験で、学生のモチベーション向上と論文の質の向上を図る「Comprehensive Examination」を導入。これまで閉鎖的になりがちとも言われた、博士論文作成までのプロセスがよりオープンになりました。

修了後の進路


各種研究・教育機関 等
高齢者・少子高齢社会を対象にした様々なサービス提供組織・機関

獲得できるスキル


老年学の知識を活用し新たな知見を作り出す
スキル
高齢者を対象とした様々な分野の高度な専門的実践を行うスキル

時代をリードする2つのコース

研究科制では、科目構成がコア科目、研究基礎科目、専門科目に区分されていた。コア科目は老年学の基礎、研究基礎科目では研究の方法論

研究科制では、科目構成がコア科目、研究基礎科目、専門科目に区分されていた。コア科目は老年学の基礎、研究基礎科目では研究の方法論

老年学学位プログラム[博士後期課程]ならではの「学び」

● 多様な経歴を持った幅広い年齢層の学生が就学

● 複数の指導教員による集団指導体制

● 博士学位請求論文完成への明確なプロセスの提示と指導

2021年度 入試・入学関連情報

●入試・入学案内 
●説明会 
●インターネット出願

国際学術研究科 国際学術専攻International Graduate School of Advanced Studies