老年学学位プログラム[博士前期課程]

Master of Arts in Gerontology

少子高齢社会の様々な課題に取り組み、高齢者のより広範な社会的参加を実現するための専門的知識・能力を有する高度専門職業人及び研究者の養成を目指す、国内大学院で唯一のプログラム

医療・福祉に
求められる
多職種連携

医学、看護学、福祉学のみならず、心理学、社会学、経済学など社会科学をも包含した学際的な学びを通じて、多職種連携の実践および研究の推進役を担う人材を養成します。

少子高齢社会
の未来を築く
先進の学び

日本を始めとして世界の国々が抱える少子高齢化から派生する様々な社会問題は、高齢者だけでなくすべての世代が取り組むべき課題でもあります。もはや単一の学問では解決できない、この未来へと続く問題に広い視野で向き合える人材育成を行います。

修了後の進路


保健医療、健康、福祉、介護関連の各機関
看護 福祉領域での教育や臨床専門職
企業、公共団体、グローバル企業、政府機関、
NGO/NPO 等

獲得できるスキル・資格


老年学の知識体系を活用するスキル
高齢者を対象とした様々な分野の実践を行う
スキル

時代をリードする2つのコース

研究科制では、科目構成がコア科目、研究基礎科目、専門科目に区分されていた。コア科目は老年学の基礎、研究基礎科目では研究の方法論

研究科制では、科目構成がコア科目、研究基礎科目、専門科目に区分されていた。コア科目は老年学の基礎、研究基礎科目では研究の方法論

老年学学位プログラム[博士前期課程]ならではの「学び」

● 多様な経歴を持った幅広い年齢層の学生が就学

● 働きながらでも就学できるよう授業や研究指導は夜間・土日に設定

● 社会人の通学にも便利な千駄ヶ谷キャンパス

● 同窓会ネットワークで課題を継続的に議論できるなど広がる学びの機会

2021年度 入試・入学関連情報

●入試・入学案内 
●説明会 
●インターネット出願

国際学術研究科 国際学術専攻International Graduate School of Advanced Studies