グローバルコミュニケーション
実践研究学位プログラム[修士課程](日本語教員養成大学院課程を含む)

Master of Arts in Global Communication

専門的な知識とリーダーシップを備えたグローバル人材を育成
領域横断的な理論の探求と実践力強化

言語教育と
異文化コミュニケーションとの
新たな融合
コミュニケーション理論および応用言語学の視点をあわせ持ち、多文化共生社会を先導する日本語教員およびコミュニケーション・スペシャリストを育成します。
実践に重点を置いたカリキュラム
グローバル社会において、領域横断的な研究をもとに多文化をともに生きるプロフェッショナルの養成を目標とします。そのため理論と実践のバランスを考えたカリキュラムをデザインしました。

修了後の進路


国内外の日本語教育機関、グローバル企業、政府機関、国際機関、NGO/NPOなど

獲得できるスキル・資格

  • 日本語教員養成大学院課程
  • 言語教育者としての専門的知識と実践力
  • ファシリテーションスキル
  • 異文化コミュニケーション能力

グローバルコミュニケーション
実践研究学位プログラムならではの「学び」

● 日本語教育、企業研修、国際機関での交渉など、現場での経験が豊富な教員による指導

● 学内の日本語教育機関での教育実習、ティーチングアシスタントとしての実践経験

● 都心に立地し、多様な情報にアクセスしやすいキャンパス

● 土曜や遅い時間帯での開講により働きながら学びたい社会人にも対応

● 多様な経歴を持つ幅広い年齢層の学生どうしの学びあい

2021年度 入試・入学関連情報

●入試・入学案内 
●説明会 
●インターネット出願

国際学術研究科 国際学術専攻International Graduate School of Advanced Studies