心理学実践研究学位プログラム[博士前期課程]

Master of Arts in Psychology

臨床心理学、ポジティブ心理学を基礎学問として、心の健康や豊かな生活に関する研究と実践を行い、心の専門家及び優れた研究者を養成

実践的に学ぶ
2つの特色ある
研究分野

臨床心理分野
臨床心理分野では医療・産業・教育・福祉の第一線で臨床と研究を担う専門家が、多様なアプローチを尊重した実践的な教育を行います。たとえばキャンパス内の臨床心理センターでの実習では、実際に心理面接や心理検査を担当し、丁寧な個別指導を受けることができます。
ポジティブ心理分野
医療やビジネスなど幅広い分野での活用が期待されているポジティブ心理分野のプログラムでは、介入実践の基盤となる社会的スキル訓練や認知行動療法、動機づけ面接法、コーチングなどの心理技法を修得します。

臨床心理学を基礎学問として、心の健康に貢献する研究を行い様々な領域で活躍できる、専門知識と実践力のある公認心理師・臨床心理士を養成。
臨床心理分野

本邦初のポジティブ心理学を基盤とする本プログラムでは、個人、組織、地域社会のウェルビーイング向上を支援する専門家・研究者を養成。
ポジティブ心理分野

資格取得に
対応した
カリキュラム

公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の「臨床心理士」取得のための受験資格が得られます。また、日本健康心理学会認定の「専門健康心理士」、さらに国家資格である「公認心理師」についても対応カリキュラムが整備されています。

心理学実践研究学位プログラムならではの「学び」

● 新しいポジティブ心理分野のプログラムは国内初

● 実務家教員の指導で高度な実践力を獲得

2021年度 入試・入学関連情報

●入試・入学案内 
●説明会 
●インターネット出願

国際学術研究科 国際学術専攻International Graduate School of Advanced Studies